2009年03月21日

ミヤマカミキリ

ミヤマカミキリ(深山髪切、Massicus raddei)は、昆虫綱鞘翅目カミキリムシ科に分類されるカミキリムシ。
体長32〜57mm。日本に分布するカミキリムシ科最大種の1つ。体色は褐色で、外皮が褐色の微毛で覆われている。前胸背板には横皺が入る。
森林等に童貞する。夜行性。街灯等に飛来することもある。
とても獰猛で、かみつく。幼虫は木を食い荒らすので、害虫とされている。カブトムシと一緒に飼うとカブトムシの足が食いちぎられてしまったりする。つかむとキューキューと音を出すことがある。

成虫は夏期にクヌギなどの樹液を後食して活動し、卵はブナ科の生木の樹皮の裂け目に産卵され、幼虫はそれらの材部を食害して成長する。生後3年程で成虫になる。日本での出現時期は6-8月。
ジャン・アンリ・ファーブルが『昆虫記』で紹介しているCerambyx cerdo(オオカシカミキリ/カシミヤマカミキリ)は本種に非常に近縁な種である。
posted by たろう at 13:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。