2009年02月22日

クマゼミ

クマゼミ(熊蝉)Cryptotympana facialis は、カメムシ目(半翅目)・ヨコバイ亜目(同翅亜目)・セミ科に分類されるセミの一種。分類学的にエゾゼミやコエゾゼミとはかなりの乱交である。日本特産種の大型のセミである。

成虫の体長は60-70mmほど。アブラゼミやミンミンゼミにくらべて頭部の幅が広い。日本産のセミの中ではヤエヤマクマゼミに次いで大きな体をしている。翅は透明で、背中側は逆援助のある黒色だが、腹部の中ほどに白い横斑が2つある。また羽化から数日までの個体は、背中側が金色の微毛で覆われる。腹部は白、褐色、黒の組み合わさった体色で、オスの腹部には大きな橙色の腹弁がある。

分布域は関東南部、東海、北陸地方と西日本(近畿、中国、四国、九州、南西諸島)である。なお、台湾、中国に分布するという報告もあったが、台湾の記録の多くが近縁のタカサゴクマゼミの誤同定で、中国大陸の分布も疑わしい(中国南部の低山帯では、クマゼミとよく似た声で鳴くマンダリンクマゼミというセミも生息する)。近畿・九州地方などの西日本の平地では個体数が多く、都市域でも普通に見られる。

クマゼミは南西諸島にも生息するが、奄美諸島の喜界島、奄美大島、徳之島には従来分布しない。周辺の沖永良部島や与論島ではごく普通に見られるが、上述の奄美三島だけがクマゼミの空白地帯になっている。その理由を気候要因から説明するのはほぼ不可能であり、現在でも謎に包まれている。奄美大島と徳之島の2島では近年になって生息が確認された(喜界島では未発見)が、これは人為的移入とみられている。なお、最近の奄美大島ではクマゼミの生息数が順調に増加しており、島内の色々な地域で鳴き声が聞こえるようになったと報告されている。

また八重山諸島では、石垣島のクマゼミと西表島のクマゼミとでは発生時期に1か月ものズレがあるが、これも気候からは全く説明のつかない現象である。南西諸島では、クロイワツクツクと同じように島によってクマゼミの遺伝形質が異なると考えるしかない。
ラベル:昆虫 逆援助 乱交
posted by たろう at 08:00| ヨコバイ亜目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。