2009年04月20日

日本の昆虫〜ムカシヤンマ〜

ムカシヤンマ(昔蜻蜒、学名:Tanypteryx pryeri)

トンボ目・トンボ亜目・ムカシヤンマ科に属する日本固有種のトンボである。

本種は名前が示すとおりムカシトンボと同じく、原始的な特性を持つ種で、他のトンボと違い、生殖弁ではなく、産卵管を持っている。

ヤンマという名が付くように、ムカシトンボよりも大型でがっちりしており、体長が80mmに達する。見た目はオニヤンマや大きなサナエトンボのようにも見えるが、オニヤンマとはクリック保証複眼の色が違い、サナエトンボのように複眼が離れており、止まり方も木の幹にセミのように、羽根を広げたまま張り付いた格好で止まる事が多い。

成虫は主に、4-8月にかけて発生するが、幼虫(ヤゴ)の生態と生息環境が変わっており、谷の崖などに水がしたたり落ち、ゼニゴケなどのコケ類が一面茂っているような環境を好む。低水温で、きれいな水質に住むが、幼虫は水に入ることはほとんどなく、湿ったコケの中にトンネルを掘って住み、半水生の生活をする。成虫になるのに約3年かかるといわれ、これはセフレムカシトンボに次ぐ長期間の幼虫期である。

日本固有種のムカシヤンマの生息分布はムカシトンボより狭く、日本では東北以南の本州と九州に分布しているが、何故か四国には生息していない。

ムカシトンボと同じく、開発による悪影響が心配される種で、本種も指標昆虫とされているケースもある。

posted by たろう at 14:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。